MENU

外構費用を250万円から138万円までコストダウンした方法

わが家に残された外構費用は120万円

そして、

提示された外構費用は・・・

250万円!!!

どしパパ

ぜんぜん足りない・・・

・・・そんなわが家でしたが、

最終的には138万円で満足いく外構を手に入れることができました。

外構費用をコストダウン方法をまとめます。

\自分たちにあった外構業者をさがす/

目次

外構費用を抑えるためにやったこと

外構費用コストダウンのためにやったことは3つあります。

  • 外構の専門業者に依頼する
  • 複数の業者と相見積もりをする
  • シンプルな外構にする

① 外構の専門業者に依頼する

住宅会社提携の外構業者
  ↓
外構の専門業者へ変更

住宅会社で提携していた外構業者にくらべて、大幅な値下げにつながりました。

外構の専門業者はじぶんで探す必要がありますが、自分たちの予算に合わせた外構プランの提案をしてくれる業者は必ずあります。

「外構は住宅会社と提携している業者でないとダメ」という考えに縛られるのはもったいないです。

ただ、ひとつ注意点があります。

住宅会社と提携していない外構業者の場合、住宅ローンに組み込めない場合があります。
かならず住宅ローンを借入する銀行に確認してください。

どしパパ

わが家はまったく問題なくローンに組み込めたけど、必ず確認してね

② 複数の業者と相見積もりをする

相見積もりはコストダウンの常套手段です

複数業者と比べることのメリットは値下げ以外にも、提案できるプランが会社によってぜんぜん違うことを知ることが出来ることです。

どしパパ

わが家は3社に見積もりを依頼

  1. 住宅会社と提携している外構業者
  2. 住宅展示場でみつけた外構専門業者
  3. 最終的に依頼した外構専門業者
どしパパ

いちばん安くておしゃれな外構プランの外構専門業者に決定
❷はおしゃれだけど値段が高かった・・

③ シンプルな外構にする

シンプル外構は、コスト削減とゴチャゴチャした見た目にならないメリットがあります。

家づくり中はどうしてもテンションが上がってしまいあれやこれやと装飾品をつけたくなります。

でも、じっさいに暮らしてみると3回目(最終)プランでもまったく外構を寂しく感じることはありません。

とくに『コンクリート面積を削る』ことで数十万単位でコストダウンにつながりました。

外構の専門業者をさがす方法

外構の専門業者を探したり、複数の業者と相見積もりをとるための方法は2つです。

  • 自分たちで探してまわる
  • 外構業者専門の一括見積もりをする

わが家は、ひたすら近所の外構業者をしらべて探しましたが、家づくりと重なり正直かなりハードスケジュールでした。

どしパパ

まだ子どもが小さくて大変だった…

時間やスケジュール的に余裕があれば良いですが、いまでは手軽さから外構業者専門の一括見積もりを利用するかたも増えています。

外構一括見積もりはいくつかありますが、外構専門業者のみ紹介してくれるサービスがおすすめです。

\自分たちにあった外構業者をさがす/

みんなの外構相見積もりアンケート結果

外構相見積もりしてどれくらい値下げできた??

どしパパ

リアルな意見参考になる・・

相見積もりが必ずコストダウンにつながるわけではありませんが、これだけで大幅値下げにつながった方もいます。

複数の外構業者を探す手間はありますが、ぜひ試してみてください。

250万円の外構費を138万円までコストダウンすることができた

わが家は、家づくりや土地購入に予算をかけてしまい、外構費用に使える予算がかなり厳しい状況でした。

最初の外構見積もり250万円

しかし、外構専門業者を探して『相見積もり&シンプル外構』によってなんとか予算内に収めることができました。

最初の外構見積もり250万円
  ↓
外構専門業者&相見積もり138万円

外構も家づくりと同じように相性がとても大切。

ぜひ自分たちにあった外構業者をみつけてください。

\自分たちにあった外構業者をさがす/

目次