地震への準備は?わが家の災害対策【役立つ記事掲載】

こんにちは、ド慎重パパです。

マイホームを建てるうえで災害対策についてはほとんどの人が真剣に考えることだと思います。

自分たちもせっかく建てたマイホームが地震で壊れるのが怖かったので

ド慎重夫婦
いま家を買って大丈夫か?
南海トラフが来てから買ったほうが良いのでは?

非常に悩んだのを覚えています。

地元の工務店で建てたということもあり、大手ハウスメーカーのような頑丈な家ではないかもしれませんが自分たちなりに考えたこと、悩んだこともあるのでまとめてみます。

なお記事の途中にTwitter「#家系ブログを盛り上げる会」の方たちの災害対策に役立つ記事も紹介します。

自分も読んですごく勉強になりました^^

 

わが家の災害対策

まずはわが家がおこなった災害対策について紹介していきます。

シューズクロークを広めにとった

玄関に3畳のシューズクロークがあります。

3畳はわりと広いほうだと思いますが理由としては防災グッズを置くことも想定していたためです。

防災グッズは数が多いと結構場所をとるので間取り作成段階からシューズクロークにおくことにしていました。

これから家を建てる場合は「防災グッズをどこに置くか?」も想定して考えると良いかもしれません。

防災グッズ IN スーツケース

わが家はスーツケースのなかに防災グッズを詰め込んでいます。

スーツケースって自分たちのような普段使わないひとにとってかなり邪魔なわりにスペースもとる少し困った存在だったので「防災グッズ入れ」ということにしちゃいました。

もちろん、震災時にこの大きなスーツケースを持ち歩くのは大変だと思うので必要最低限なものはリュックに入れて持ち歩けるようにしています。

防災グッズに関しては、共働き夫婦のへーベル日記(Twitter:るんばーwith共働き夫婦のこの記事がオススメ

共働き夫婦のヘーベル日記

台風19号のかつてない被害を目の当たりにして防災意識が高まった方へ。災害に備えるべく42の防災グッズをリスト化しました。…

賞味期限を記載

賞味期限チェック日をラミネートしてひと目で分かるようにスーツケースに取り付けました。

なぜそんなことをしたかというと、つい先日に非常食を全部ならべて期限切れチェックをしたら見事に切れてるものが多かったからです・・。

しかし、これはこれで確認するのが面倒くさいので、そういったことを防ぐためのにローリングストック法!!が推奨されています。

ローリングストック法とは「製造日の古いものから食べたり飲んだりして、使った分を新しく備蓄として購入することで、常に一定量の備えがある状態にしておくこと」になります。

引用:日本気象協会

連絡先ラミネート

いざというときのために勤務先やお互いの両親の連絡先などもラミネートしてあります。

ドしんパパ
いざというときにスマホって使えるの?
ドしんママ
・・・公衆電話とか?
ドしんパパ
(・・近くにあったかな・・・)

ちなみに公衆電話は停電時でも使えるそうで、災害時のみ無料化することもあるとのことです。

あと、電話はつながらなくてもSNS(Twitter、LINE、Facebook)なら比較的つながりやすく情報収集ができるかもしれません。

災害時に使えるWi-Fiや役立つSNSに関しては、平凡なエンジニアの家づくり(Twitter:マロン)のこの記事がオススメ

平凡なエンジニアの家づくり

災害時にはどんなおこるのか、また起きた時にどんなところから情報を入手したらよいのか紹介しています。その他、災害時に使える…

家庭用消火器

最近は消火器も真っ赤な「THE消火器」というものばかりではなくモノトーンなシンプルなデザインも人気です。

耐用年数はおおよそ3~5年

吊り戸棚が落下防止

リクシルの吊り戸棚を採用していますが、たしか標準で落下防止機能がついていたかと思います。

これから建てる方はぜひメーカーに確認してみてください。

火災報知器

現在は設置が義務化されていますね。

原則的には寝室と階段、各市町村の条例によってキッチンなどにも設置することになります。

火災報知器ってなんで義務化されたのか?に関しては、アキの家つくり~注文住宅忘備録~(Twitter:アキ)のこの記事がオススメ

アキの家つくり~注文住宅忘備録~

こんにちはアキです。僕、実は消防団に入っていて、何度も火事現場を見てきています。実際の消化活動など作業を行なっていて気付…

土地

わが家は土地からの購入ということで土地選びにはかなり時間をかけました。

おかげで地盤が強い&水害のリスクが低い土地に家を建てることができました。

同じように土地から購入という方はハザードマップも参考にすると良いです。

ハザードマップの見方に関しては、レオハウスで建てた家と子育ての話(Twitter:chelsea)のこの記事がオススメ

レオハウスで建てた家と子育ての話

何度か土地選びの記事でハザードマップの事を書いてますが今回の西日本の水害がほぼハザードマップ通りの被害になったという事で…

各所に懐中電灯&ランタン

リビングや2階収納など各所に懐中電灯やランタンを設置しています。

リビングには消火スプレーも。

過去にアパートで24時間停電にあったときにランタンのありがたみに気づかされました。

正直それまでは

ドしんパパ
懐中電灯だけでよくね?

と思っていましたがランタンは必須ですね。

懐中電灯とランタンの違いを簡単にまとめると…

  • 懐中電灯は一部分を集中的に照らすのに対して、ランタンは360度全体を照らしてくれる
  • 懐中電灯は持って使うのが前提だけど、ランタンは吊るして使える(モノによって違う可能性も)

ということになります。

特に真っ暗ななかで「お風呂で軽く体を流したいとき」「食事をとりたいとき」など、ランタン使用時に両手が空くことがものすごく有難かったです。

ちなみに、懐中電灯・ランタンを購入する際に大事なポイントは…

  • LED式であること
  • 電池式であること

になります。

LEDなら電池持ちが10万時間とほぼ半永久的です。

補足ですが、懐中電灯+ペットボトル(水)でランタン変わりになるといわれていて実際に停電時に試してみましたが、効果には限界がありました。

やはりランタンは2,3個は購入しておくべきでしょう。

ドしんママ
男は黙って~
ドしんパパ
ランタン!!

IH

キッチンをガスではなくIHにしたのも料理をしている際の地震対策に一役買っているかもしれませんね。

IHは調理中の地震や小さなお子さんがいる場合など、火を使っていないことでの安心感が違いますね。

もちろん停電時に調理ができなくなる可能性もあるので災害用に卓上コンロも用意してあります。

シャッターをやめて窓を防犯ガラスにした

窓に防犯シャッターをつけるかどうか非常に悩みました。

台風の時などシャッターがあるとないとでは安心感が違いますよね。

わが家もはじめ取り付けるつもりでしたがやめました。

理由は、1階の掃き出し窓を天井高と同じ240センチにした関係で外壁にシャッターを取り付けようとするとベランダと干渉してしまい取り付けが難しかったからです。

ただ、シャッターは普段は閉めることはないので、どちらかというと災害時以外のことも含めて考えたら窓ガラス自体を防犯ガラスにしてしまったほうが良いのでは?とも思いました。

コスト的には若干シャッターのほうが高かったと記憶しています。

もちろん災害時に強いのは「シャッター>防犯ガラス」だと思いますが、シャッターをしてても窓に瓦が突き刺さったという話もあったので予算と相談して決めるのが良さそうです。

保険

火災保険に風災保障もつけました。

理由は平成30年の台風24号のときにはじめて「風」で命の危険を感じたからです。

最大瞬間風速は40Mを超えたようで、今まで感じた台風の風の強さとは全く別物でした。


引用:ウェザーニュース

当時はまだアパートでしたが本気でアパートごと吹き飛ばされてしまうと感じるほどでとにかく「マイホームの災害対策についてこのままでいいのか?」と考えさせられました。

災害対策は地震だけでなく風対策も必要だと感じました。

ちなみに台風が原因となる瓦などの物体の落下・飛来も風災補償の範囲になります。

火災保険に関しては、いい家かげん(Twitter:とよクマ)のこの記事がオススメ

いい家かげん

今回は、火災保険に少しでもおトクに入るためのコツを記事にしました。 オトクとは、保険料が安くなるようなニュアンスではなく…

わが家は立地的に水災はつけなかったのですが

火災保険の水災に関しては、20代夫婦の吹き抜け畳リビングでゲームをしたいi-smart日記(Twitter:赤エビ)のこの記事がオススメ

20代夫婦の吹き抜け畳リビングでゲームをしたいi-smart日記

我が家にもついに届きました。 火災保険について今回は考えていこうと思います! 火災保険のプラン 営業さんから案内があると…

壁掛けテレビ

テレビは壁掛けにしたほうが金具でしっかり固定するので地震の揺れには強くなると思います。

小さいこどもがいる場合はテレビを倒される心配もないので安心ですね。

ドしんママ
ちなみに壁掛けにしても子どもが画面をベタベタさわるのは結局同じね

棚を置かない

なるべくタンスや本棚など背の高い家具は置かないようして、置いたとしても金具で固定するのが基本だと思います。

総二階にした

上下階がほぼ同じ形の2階建てを「総二階」といいます。

総二階でそれが正方形に近いなどシンプルな形ならなお地震に強いとされています。

なお、総二階よりも「平屋」のほうがさらに地震には強いですね。

ガソリンが半分になったら満タンまで入れる

これは家とは関係ないですね。

ただ、わが家のように太陽光発電をおこなっていない場合は停電時の対策として車のガソリンを常にある状態にしておくのは大切なことだと思います。

真冬に停電しても最悪車のなかで暖をとることもできますし携帯電話の充電も可能です。

小さなお子さんがいたりペットを飼っているウチの場合は避難所にいることがストレスにもなり得ますので車のなかで生活できるように準備をしておくことも大事かなと思います。

停電にも負けない家に関しては、フミ調(Twitter:ふみしら)のこの記事がオススメ

フミ調@蜜柑の国から

今回は災害などで、停電が起きても、それに負けない家にするにはどうするかを書きました。1.太陽光発電2.蓄電池3.断熱性能…

わが家で地震対策できていないこと

壁掛け鏡

シューズクロークとウォークインクローゼットに姿見鏡を壁に取り付けてあります。

姿見鏡を壁に固定してあればそこまで問題ないと思いますが、わが家はコスト節約のために壁にフックを取り付けて、自分たちで買ってきた鏡をそこにかけてあるだけなので強い揺れの場合は確実に落下して割れると思います。

ダイニングペンダントライト

ダイニングのペンダントライトはガラス製で頭をぶつけるだけでもかなり揺れるので、地震の時は落ちて割れる可能性が高いと思います。

同じようにペンダントライトを選ばれる方はこのあたりも注意して選んでください。

というか普通は考えますよね・・・。

ドしんパパ
ウチは完全にデザイン重視で選んだね
ドしんママ
間違いないわ!

災害クイズ

ここで少しだけ考えてみましょう。

【第1問】電気・ガス・水道のなかで復旧がいちばん早いのはどれでしょう?

正解は以下の表をみてください。

引用:厚生労働省 東日本大震災水道施設被害状況調査報告書

東日本大震災のデータを引用した表になりますがこれ以外の大きな地震の時もインフラ復旧の速さは「電気>水道>ガス」となることが多いようです。

【第2問】上記の事実を踏まえて電気・ガス・水道において家庭での対策の優先順位はどうなるでしょう?

水>電気>ガス
東日本大震災のデータをみても電気はほぼ80%が3日で復旧したのが分かります。
それに比べて、水道の復旧は1~2週間かかっています。
この事実を受け止めて「家庭ではしっかりと水対策をするべき」だというのが分かりますね。
水は飲料水だけで1人あたり1日3リットル必要だといわれています。
『3人家族×3リットル×7日分』だと63リットル!!
これは2Lペットボトルで考えると30本以上必要になりますね。。。
ちなみに上記は飲料水だけの計算なのでほかにも「トイレを流す用」「手を洗う用」など必要な場面もあるので、常にお風呂に水をためておくなどの対策も効果的かもしれません。
停電時の「トイレの水を流す方法」は時間があるときにシミュレーションしておくと焦らなくて済むと思います。

精神的な災害対策

家づくりをしているときに災害対策についてインターネットで調べていたときに「なるほど」と思ったことがありました。

災害対策では精神的なケアも重要だということ。

過去の震災では、普段からスキンケアに気を配っている人は災害時の肌荒れもストレスの大きな要因になったとか。

また災害時とはいえ、女性の場合などは化粧なしでは人前に出にくいものだと思うので、マスク・帽子・めがねなど最低限の対策は考えるべきかもしれません。

なお大勢のひとがいる避難所では香水もできるだけ控えたほうが良いとのこと。

理由は「香り」に関しては好みが分かれるのと、お風呂に入れていない状態で使用するとかえって悪臭になってしまうこともあるようです。

未来の災害対策

「2100年未来の天気予報」というのが環境省より公開されましたね。

これによると最大瞬間風速が90Mの台風が来るそうですね・・・怖すぎです。

地震への準備は?わが家の災害対策:まとめ

災害対策については「やりすぎ」はないと思います。

これまで紹介してきた中でまだ情報が足りないという方はさらに3つの記事も紹介しておくので覗いてみてください。

 

総合記事①「断熱性・気密性に関する知識が半端ではない」ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す(Twitter:クロセ)のこの記事がオススメ

ゲーム大好きオタクがアイ工務店で高気密・高断熱の家を目指す

台風や地震が増えたので考えてみました。…

 

総合記事②「適当じゃない件→」タマホームでマイホームを建てた建築士が適当に家づくりの事を書くブログ(Twitter:三級うんちく士)のこの記事たちがオススメ

タマホームでマイホームを建てた建築士が適当に家づくりの事を書くブログ

タマホーム ブログ tamahome-blog 2020 2019 おすすめ 評判 オプション価格 坪単価 キャンペー…

 

総合記事③「#家系ブログを盛り上げる会の会長&圧巻の情報量」びびの注文住宅で後悔しない方法ブログ(Twitter:びび)のこの記事がオススメ

びびの注文住宅で後悔しない方法ブログ|住友林業で26坪の平屋

  日本は自然豊かな故に自然災害も多い 家づくりのときに災害に強い家を意識する人も多いはず!   災害に強い家……

 

#家系ブログを盛り上げる会に関してはコチラを参照してください。

twitterでも最新情報発信中