竹藪の土地は購入注意!竹の成長速度は世界一です。

  • 2019-08-10
  • 2020-04-12
  • 土地
  • 2375view
ド慎重パパ
竹をなめてたぜ…

こんにちは、ド慎重パパです。

日当たり良好!値段も割安!大きさも十分!・・・ん!?

「竹」!??

 

今回は、なぜ自分たちが条件抜群なのに「竹」が生えているだけで土地の購入をやめたのか?

についてまとめていきます。

 

結論だけ言っておくと

自分の土地もしくは近隣に竹が生えた土地は、買わないほうがよさそうです。。。

 

こんな土地はやめた方がいい「竹」

世界一成長するのが早い植物「竹」

竹は、世界一成長するのが早いそうです。

なんと、そのスピード「1時間に4cm」「1日1m」!!

…早すぎです。

驚異的なスピードで成長して、約3か月で最高点に達します。

その後上に伸びることはありませんが皮を落とし硬化が進んでいきます。

ド慎重パパ
これだけ成長が早くて、放っておいたら固くなるとは・・・太刀が悪いな・・・

地下茎でつながっている「竹」

竹は1本1本独立して生えているように見えて、すべて地下茎でつながっています。

思い出してみてください。

竹が生い茂っているところは昼間でも薄暗くなっているイメージはありませんか?

ふつう、植物は日光が当たっていないと成長できません。

しかし、竹は違います。

竹は地下で根がつながっているので、未成熟な竹に対して成熟した竹が栄養を送ることができるのです。

そのため、日当たりの悪い林などでも成長することができます。

ド慎重パパ
根があたり一面の竹とすべて繋がっているから、1本ずつ根から抜くということも不可能ということか・・・

夏は蚊が大量発生する「竹」

竹は地下水位が高いところを好むので良くない地盤を見分けるための指標のひとつにもなっています。

そんな湿気の多い土は、蚊やムカデなどが好みます。

もし、あなたが虫嫌いだとしたら絶対にやめるべきでしょう。

ベランダに出て涼んだり、お庭でバーベキューは叶わない夢になってしまいます。

ド慎重パパ
夢のマイホームでこれはあんまりだ・・・

「竹」害が問題視されている

竹を適切に管理せずに放置していると、周辺に地下茎が広がって、田畑の農作物や庭の植物を枯らしてしまうことがあります。

その影響は、自分の庭だけでなく、ご近所の庭にも・・・

そうしたらご近所トラブルに発展してしまうこともあるでしょう。

ウィキペディア(Wikipedia)にも次のように書かれています。

”タケ類は成長力が強く、ピークの時は1日で1メートル以上成長する。竹林の近くにある民家の中に竹が侵入する(タケノコが生える)被害もある。地下茎が地面を広く覆うことからがけ崩れには強いが、逆に強風、地滑り、病気などには弱く、放置された竹林で地滑りの発生が多いという研究もある。事実、放置竹林による地滑りの事例がいくつも報告されており、問題が指摘されている。”
出典: フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)

竹の侵入を防ぐ方法

防根シートを使う

防草シートに似ていますが、目的が違います。

防根シートは地中の根の侵入を防ぐためのもので、土の中に垂直に埋めます。

しかし、これも完璧な方法ではないようです。

どうしても、これから竹が生えている土地に家を建てる場合は、防根シートではなく、土地の周囲をすべてコンクリートや鉄板を土の中に埋め込んでガードするくらいでないと太刀打ちできなそうです。

ド慎重パパ
ただでさえ、コンクリートって高くて使いたくないのに・・・

竹を取り除く方法

伐採

斜めに切ると刺さる危険があるので、水平に切るようにしましょう。

詳しく調べてみると、竹を根元から切らずに1mくらいの高さから切るのが最も効果的なようです。

その理由としては、1m位で切っておくと竹が切られたと認識できず、そのまま上部の竹や葉っぱに養分を送る。

地下茎の特性からいろんな箇所から栄養を集めるが、その養分は切った部分から垂れ流しになり、最終的に根まで枯れる。

ということのようです。

ド慎重パパ
ちょっとかわいそうな気もするが・・・

根を掘る

竹の根は地下1m以上まで伸びていることもあり、人のチカラでは敵いません

そのため、スコップなどの道具で掘り起こしていくことは難しいでしょう。

農薬

農薬を使って地下茎を枯らす方法。

初心者の方も比較的簡単におこなうことができる方法として紹介されています。

具体的にいうと、「竹に穴を開け、そこに除草剤を注入する」もしくは「土に除草剤をまく」ことで竹を枯らし、生えてこないようにするというものです。

なお、除草剤を使った後は、その近くに生えたタケノコを食べてはいけません。

土地選びで失敗しないために【竹の成長速度は世界一】:まとめ

自分たちが「日当たり良好!値段も割安!大きさも十分!」の好条件でも、その土地を買わなかったのは、「竹」にはあまり知られていない悪要素がこんなにあったからなんです。

あなたも、土地を買うときは、隅々までその土地をチェックして、後悔のないように選んでください。

twitterでも最新情報発信中